読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮のびょうき、記録

30代半ば、婦人病悪化。備忘録として、また同じ病気の方の参考に

21 退院後 ~4調べる、病院探し~

県内だと、一番有名なF病院には認定医が5~6人いることがわかりました。でもF病院は県外から受診に来る人もいたり、手術は半年~1年くらい待つという情報も得ました。

私の市内には認定医はおらず、なるべく近いところで探すことに。…母の実家寄りで、母でも行きやすそうな病院を見つけた。とりあえずはセカンドオピニオンとして受診することにしました。

セカンドオピニオンは初めてなのですが、初めに行った病院の検査結果を持ち込んで(病院にお願いすると資料等を用意してくれます)受診します。
受診といっても基本的には診察はせず、医師が資料を見てその病院やその医師の下ではどういう治療になるか話してくださいます。(この辺りもネットで調べました)受診料は病院にもよりますが、基本的には3割り負担ではなく全額負担です。

見つけたT 病院にいよいよ電話をかけました。セカンドオピニオンの場合はどのように受診したら良いか、HP に載せている病院もありますが、こちらは記載がなかったので。

電話すると、私が調べた医師はなんと、「今日で退職の予定ですが…」と言われました。そんなことあるのか、とびっくりしました。確かにその日はちょうど年度末。別の病院に行かれるのかと思い聞きましたが、「特に聞いていない。わからない。」という返事が返ってきました。
こうして私のセカンドオピニオンは振り出しに戻りました。