読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮のびょうき、記録

30代半ば、婦人病悪化。備忘録として、また同じ病気の方の参考に

26 続く痛み

とても強い痛みが続いていました。後から考えても、2月に搬送された時よりこの時が一番痛かったです。

病院についても、痛みで目をぎゅっと閉じたまま、「痛い痛い」と繰り返し、あまり周りを見ることはできませんでした。お腹を撫でるだけでも痛く、救急の先生に「ここまで痛がる人は珍しい」と言われました。

最後の生理を確認されました。「えっ?2ヶ月近く来てない?!」(何人かに言われた…)…日付は何とか伝えられたけど、2月にも救急搬送されたこと、治療で薬を飲んでいるから生理が止っていること、痛さで説明することができません。

激しい痛みが続いて、容易に身体が動かせないなか、「協力してください。治療ができませんよ」と言われました。「そうだ、治療しないと楽になれない…」痛みにとりつかれていた感じでしたが我に返り、なんとか身体を動かしました。

今回もものすごい汗だったせいか、「下着が濡れているので替えますね~」と看護師に脱がされ、人生初の大人オムツに(>_<)。恥ずかしいっ(>_<)。無抵抗で、されるがままですけどね…(;_;)