読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮のびょうき、記録

30代半ば、婦人病悪化。備忘録として、また同じ病気の方の参考に

53 七夕、晴れ。

※少し汚い話があります。お気をつけください。

手術中導尿していたため、トイレに行きたい感覚が鈍くなっていることがあるので、16時までには一度行ってくださいね、と看護師さんに言われていました。やることもないので、早めに一度トイレに行きました。

ドレーンも外したので少し出血も。聞いていたので覚悟していましたが、量は少なかったのですが、看護師さんによると「薬のせいで血が青いと思うけど大丈夫です」と。確かに青白かったです。この世のものではない、自分が宇宙人にでもなったようでした。

お腹の手術をすると術後よく聞かれるようですが、ガス(おなら)は出たかどうか。私は自分で起き上がる前に出ていて順調でした。

この日は7月7日七夕。七夕の日は天気が悪いことが多いのに、この日は晴れ。窓からの光が明るくて気持ち良かったです。後から知ったのですが、病院の夕食はこの日七夕にちなんだスペシャルデーだったようです。そんな日にお粥で、後になってとっても悔しかったです。(笑)

そんな感じでこの日は寝ました。まだ痛みはあるし、夜中トイレに行きたくなったら起き上がるのと歩くのがおぼつかないので心配しながら。寝返りはできないのでツラかったけど、思ったよりよく眠れ、朝までノンストップでした。