読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮のびょうき、記録

30代半ば、婦人病悪化。備忘録として、また同じ病気の方の参考に

47 意識朦朧続く

看護師さんがうがいをすすめてくれました。(術後痰を出さないと、喉が痛くなってしまったりする)何とか頷くことができ、寝たままストローでうがいをさせてくれました。吐くのはトレイのようなものへ。

時間が経つのがあまりにも遅く、辛い時間が続きました。足の血栓症予防のマッサージはずっと動いていました。絶対眠れないし、暗くするとますます気落ちしそうで、怖いという思いさえあり、部屋の電気を消さないでいてもらいました。

耐えかねて、ナースコールを押しました。それまで見かけたことのない看護師さんのようでした。うがいをお願いしました(この時は話せたようです…)。

それまでの看護師さんと違い、やや乱暴にされました。イライラしているようでした。私は辛い状況でとても弱気になっていて、怖いとさえ思いました。次のナースコールもとてもためらいました。あの看護師さんがまた来たらどうしよう、と。

近頃、高齢者施設などの施設で職員による虐待のニュースを聞きます。大げさですが、虐待される側の気持ちがわかるような気がしました。