読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮のびょうき、記録

30代半ば、婦人病悪化。備忘録として、また同じ病気の方の参考に

9 ひと休み チョコレート嚢胞について

ブグを書くのも少し慣れてきたので、ちょっとくだけた感じにしていけたらなぁと思っています。人気ブロガーさんのブログを読むのにはまったこともありまして。みなさん、面白くてフレンドリー。友達みたいに思えます(^-^)さて今回はチョコレート嚢胞について…

8 ひと休み 子宮内膜症について

ここでひと休みして、 病気についての補足説明をしていこうと思います。子宮内膜症とは、 子宮内膜の組織が、子宮の中以外にできる病気です。 ↓↓↓ http://www.jfpa.info/wh/body_information/detail/index.php?aid=920~40代の女性に多く、近年とても増えて…

7 発症 ~病名を知る~

午後になって母が来てくれました。 これまで自身や祖母の入院を経験しているせいか、スリッパや歯ブラシ、コップなど様々なものを持ってきてくれました。まだ歯みがきをする元気もないな…と思っていました。母は耳が悪いので、ある程度大きな声で話さないと…

6 発症 ~病棟へ移動とMRI~

産婦人科の病室に着くと、また誰もいない部屋でした。 (また貸切状態だったら気が楽でいいのにな…。) 窓際のベッドにしてもらえました。 幸い天気が良く、気持ちの良い光りが入ってきました。 心電図と心拍の機械が外れて、身体につながっていた管が少し減っ…

5 発症 ~夜明け~

何とか夜が終わり、あたりが明るくなってきました。 後から埋まるのかな、と思っていた他のベッドは空いたままで、病室は貸切状態でした。 そして6時になり、母に連絡をしました。(寝るのが早い母は朝も早いので)ベテランの看護師さんに、「昨日汗すごかった…

4 発症 ~トイレへ冒険~

すぐに10時になり、消灯時間でした。 吐くのに何度も力んだせいか足全体が筋肉痛。この感じは…今日は寝れないかも…。長い夜になる予感がしました。ただ、腹痛は幾分和らいでいたので、あの痛みを考えたら、一晩の我慢くらい仕方ないと思えました。点滴をして…

3 発症 ~入院決定~

この時診察で何を言われたか、覚えていません。前後に色々なことがあったせいか、記憶が飛んでいます。内診を終えベッドに戻って休んでいると看護師さんが来た。「○○さん入院なので移動しますね。今日は救急の病室になります。」 「え…」 何の自信か、今日帰る気…

2 発症 ~緊急外来到着~

O病院、救急搬送口に到着。 迎え入れてくれた先生の名札に、「研修医」とあるのに 目がとまる。 診ていただけるのは、有り難いです。本当に。 でも少し、大丈夫かな?と不安に思ってしまいました。 強い痛みのある中、時折冷静に頭が働くのが、後々になって不…

1 発症 ~救急車を呼ぶ~

これまでも、二十歳頃、子宮内膜症と言われ、半年治療したことがありました。 今から5~6年前にも、子宮筋腫が見つかっていました。 いずれなにかしらの治療が必要になるかもしれないと考えてはいたけど、それは計画的に進められるだろうと思っていました。2…